忍者ブログ
新しいブログへようこそ! 旧ブログから引っ越し中で、古いものを新しくしたり色々追加しています。
「AOMedia Video 1」略してAV1。

wikiに書いてあることを要約すると、H.265は高額な使用料が問題で一般には普及せず
ロイヤリティーフリーなAV1が普及していくかもしれないという事ですね。

AV1はH.265と比べて50%効率向上が目標とのこと。大変素晴らしい。
H.265側は危機を感じたのか、値下げをしたらしいですw
どっちになるんでしょうねぇ。
まあどっちでもいいんですけどねーw

ちなみにファイル形式としては
H.265は「mp4」+「aac」
AV1は「webm」+「opus」のようです。
mp4の方が親しみはあるんですがね。
PR
皆さんご存じかとは思いますが、現在よく使われている
mp4、jpg、mp3などのファイル形式は基本的に画質や音質を落としてファイルサイズを小さくします。

今に始まったことでは無いですが、コンテンツをアップすると圧縮してしまうサイトが多数存在します。
圧縮されて劣化したコンテンツを誰かが保存し、またサイトへアップします。また圧縮されて劣化します。
そして、また保存してアップしてまた劣化...この繰り返しなんですよね...

動画はブロックノイズが増え、画像はぼやけて変色し、音声もメリハリが消えていきます。

例えばこの画像。 左は元画像、右はどっかのサイトでjpgに変換されてノイズが出てさらに少し変色しています。
(クリックして原寸大でご覧くださいませ)


劣化を最小限におさえるには投稿者が気を付けるしかないんです!
特に劣化の酷い動画や画像。連鎖で劣化したりリサイズされてしまった動画や画像を保存せず、
なるべく元、もしくは元に近い物を探して保存する事が大切です!

こういう時、Googleの画像検索はとても役に立ちますよ~
少し前の話、何となくランキングに載っていた動物の動画を見ていたら
気になるコメントが...


これは予言者()によるコメントなのか・・・それとも適当に言っただけなのか・・・
でも今のniconicoを見ているとありえなくも無いなと思ってしまいますねw

始まりがあれば終わりもあります。
wikiによれば設立は2006年12月12日。
私は2007年の10月頃にアカウント作りましたが、あの頃は楽しかったですねぇ。

あれから10年も経ちましたし飽きられていくのは仕方がない...
相変わらずサーバーは貧弱なままで、人を追い出す機能は健在。
近々、「niconico(く)」という主に生放送の大規模アップデートが来るようですが
果たしてどうなるでしょう。。。見物ですねぇ
2017/11/29 リンク修正 + 新ブログ(ここ)へ移動
2013/3/3  「なんちゃって職人」追加、「Nwhois」リンク修正


タイトルの通り、ニコニコ生放送で使えるツールを探してきました。

手前2つは2017年の更新確認済み。後ろ2つは古いけど使えるのかな...


Niconama Comment Viewer

ニコ生用のコメビューです。

コメントをリアルタイムで取得して表示してくれたり、ユーザーID、コメ番、時刻、など、いろいろ表示してくれます。

コメントも投稿できるし、放送主なら運営コメントの投稿までできます。
ニコ生好きな方なら必需品なのでは?

ダウンロード→http://www.posite-c.com/application/ncv/





なんちゃって職人

ニコ生用のコメントツールです。

簡単に綺麗な弾幕を貼って飾ることができます。
職人になりたい方にオススメ!

ダウンロード→https://niconicodanmaku.jimdo.com/



CPUやGPUの性能をかなり分かりやすく比較してくれるサイトを紹介します。
沢山のベンチマークの結果を集めて比較しているようです。

http://cpuboss.com/(CPUの比較)
http://gpuboss.com/(GPUの比較)
http://www.userbenchmark.com/(CPU、GPU、SSD、HDD、RAMなど)

bossの方は比較に詳細なスペックが載っていてスコア以外も比較しやすいのが良いですね。
userbenchmarkの方はスペックは表示されませんが詳細なスコアが載っているので性能比較には適しています。
こちらはハードディスク、SSD、メモリなどの性能も比較できるようです。
Windows10のスタートボタンと言いますかスタートメニューと言いますか、
Win8の頃の酷過ぎる仕様よりはかなり良くなりました。

デザインもイケてると思いますが、何か違うんですよね...
XPの頃みたいにポップアップメニューで一度に全部表示された方が早く選べるんですよね。
いきなり結論から書きますが、無料ソフトだけでちゃんとしたフレーム補間は出来ません。
簡単なもので、ブレンドと呼ばれる半透明なフレームを付け足すだけの補間方法がありますが
映像によっては効果があまり無く、少しぼやける感じになってしまうのであまりお勧めしません。
有料ソフト使いましょ^^
Adobe After EffectsTwixtor(プラグイン)の組み合わせ。
これは最強です。

AfterEffects単体でもピクセルブレンドという補間機能が標準装備されています。
効果はハッキリと分かるレベルですがTwixtorと比べてしまうと
滑らかさ、乱れ、ともにやや劣ります。

丁寧に分析しながら新しいフレームを作ってくれるので、処理には時間が掛かりますが
かなりに滑らかにしてくれます。ただし、あくまでも補間技術にすぎず
完璧なものが出来上がるわけではありませんがね。

基本実写を想定しているっぽいですがアニメにも効き目は抜群のようです。
2万円以下で性能が高く、ゲームもできる自作PCを作るにはどうしたらいいか考えました。
(自作と言っても決まった場所に決まった物を取り付けるだけの作業ですので難しくはないです)

とにかく安く買うにはやっぱネットなんですよね...
そろそろクリスマスの時期がやって来る!そしてあっという間に来年がやって来る...
ということでただ雪が降るだけのソフトです。本物っぽい動きを作るのは難しいですね。
Snow.exe (240KB)
[1]  [2次のページ >>
コメント
カウンター
プロフィール
HN:
hаmyuu
自己紹介:
昔はニコ動が大好きだったが今は
ほぼ飽きてしまった人。
どこかで革命を起こそうと狙っている。

主な生息地 :
Twitter
YouTube
niconico
ひまわり動画
HSPTV!掲示板

好きなもの :
萌えアニメ、ゲーム、PC
忍者ブログ [PR]